老朽化した配管を変える

給排水管の処理を行うことが大切

多くの建物は建築後、ある期間が経過すると、これらの配管は劣化していきます。通常40年から50年が寿命といわれています。もちろん、使用状況によって一概にいえませんが、経年劣化していくことは間違いありません。 老朽化した配管は修繕するか交換する必要があります。 きれいな水やお湯を給水する配管には、上水が流れていますが、それでも水垢やジョイント部分のスラッジなどの発生により配管内部に汚れが堆積していきます。また、配管そのものも劣化していきますので、漏水や破損といったトラブルが発生する可能性もあります。 配管の交換には大掛かりな工事が必要になります。

交換せずに補修工事で処理できる

。したがって、ある期間経過した配水管も老朽化による修繕や交換が必要になります。 これらの給排水工事は、水に関連内容であることから、大掛かりになります。また、給排水工事期間中、水が利用できないという事態が起こることから、出来るだけ工期を短くしたい、という要望が強いのが一般的です。 最近、配管を交換せずに補修したり、内部を再生するという給排水工事が増える傾向にあります。この方法を用いると、配管を交換せず、既存の配管の内部を再生させて、寿命を延ばすことになります。最も大きなメリットは給排水工事の費用が安くなり、工事期間も大幅に短縮できることです。